bird and insect

BLOG

わたしは、誰だろう。

Daisuke Abe

ところで、改めまして、阿部と申します。

 

林くんが以前、birdの歴史っていうブログを書いてみんなのことを紹介していたりしたけれど、前半の第1回で終わっていて、
僕の紹介はいつされるのだろうと待っていたら、もうbirdに入ってから1年が経とうとしていたので、自分で紹介しようと思います。

こんにちは。

阿部大輔 と申します。

30歳です。

長野県出身です。

好きな食べ物は肉です。

嫌いな食べ物は生魚です。

趣味は映画鑑賞です。

……

そうです。

みなさんお気付きの通り、自己紹介が本当に苦手なのです。

自分のことをあんまりアピールしたくない。
というか、アピールできるところなんてないって思ってるから、
喋りたくない。

そんな思いがあって、人に自分のことをアピールするのがすこぶる苦手なのです。

気がつけばもう30歳。

このまま、自分は自分と思いながら、生きていくのだろうか。

 

いや。

 

変わろう。

 

人は、変わることができる。

これは、決意のブログです。(自己紹介じゃないんかい)

 

人は変わることができる。

私は、自分の性格を変えたことがあります。

以前勤めていた会社で、1年目、仕事が全く出来ず、クビ寸前だったわたしに
「お前はコミュニケーション能力が低すぎるから、経理に行け。そこで修行してこい」と社長に言われました。
「経理はコミュニケーションをそこまで必要する部署ではないが、少し落ち着いて、自分を見直せ」と異動になったのでした。

しかし、経理にいるだけでは、コミュニケーション能力が上がることはありませんでした。
それでも何かしなければと、それまでの人生で避けてきた「外に出る」ことを始めました。

 

外に出ることとは、

人に会うことです。

 

当時、引きこもりのわたしを何度も何度も遊びに誘ってくれた同期がいました。
彼のコミュニケーション能力は人一倍高く、それだけで世の中を渡っていると言っても過言ではないような人物です。

 

最初は嫌だなと思いながらも、徐々に外の世界を見るようになりました。
いろんな人と話すようになりました。
半年が経ち、わたしは休日にはどこかへ出掛けなければ、気が済まない性分になっていました。

 

彼には本当に感謝しています。
今のわたしがいるのは彼のおかげです。

本当に。

実際、今の環境に身を置くことができているのは、
彼が誘ってくれた集まりの中で出会った人たちのおかげです。

 

ありがとう。

 

ひとは誰かになれる。

私の好きなコピーの一つ。
ドラクエ7です。笑 物語とは全然関係なかった気がするけれど、カッコ良いですよね。

わたしもきっと、誰かになれる。