bird and insect

BLOG

REVIEW

【作例大量】Nikon Z7 + Nikkor Z 50mm F1.8 S レビュー

Yusuke Hayashi

Nikon Z7が過小評価されているので流れを変えたくてレビューします。

こんばんは。bird and insectの林です。

このレビューが結構バズっていて、多くの方が来てくださっているので自己紹介を追記します。
来ていただいて、本当にありがとうございます。

自分は機械工学で修士→リコーでカメラ設計→辞めて写真と映像のプロダクション「bird and insect」を立ち上げ、
いまはフォトグラファー兼シネマトグラファーとして毎日写真と映像を撮っています。
いつも撮っているものは上部からworksなどを見て頂けますが、基本的に写真はとてもゆるいです。
それでも宜しければ、下記Z7のレビューをどうぞ!

——-

先週、ニコンZ7を買いました。
レンズはNikkor Z 50mm F1.8。
半年ぶりのマイカメラです。

嬉しくて帰りながら撮った。

家で撮ってこれはいいカメラだなとおもった。

で、先週の土日にたくさん撮って、大分キャラクターが分かってきたのでレビューしようと思いますが、その前にまず謝ります。

すみませんでした。

発表された直後、Z7のことめちゃくちゃ酷評したんですよね。

引用しましょう。


いよいよニコン終わりかも。。
もっと他に手はあったと思うんだけど。
これじゃレフ機と同じ。ミラーレスの優位性を見失ってるし、こういう誰でも思いつくやつは企画とは言わないのでは。
フルサイズ一眼レフでは現状ニコンが一番優れてるので、これがコケてレフ機の開発に影響を与えないことを祈る。。


結局全然売れてないみたいなので、あながち他の方と意見が違うわけではないのですが、今見ると恥ずかしいですね。。
今では完全に間違いを認めて考えを改めています。
なぜ間違えたか。

・新マウントの利点を過小評価していた
まさか全く新次元のレベルのレンズが出てくるとは思っておらず、高価な重いレンズをミラーレスに付けるという愚策かと勘違いしていた
・EVF、AF、剛性、シーリングなどの基本性能をここまで磨いていると思っていなかった
正直これはニコンのプレゼンがめちゃくちゃ下手だったと思います。発表ではZマウントのことしかほぼ言及していなかったので。
触ったら良いカメラだと一瞬で分かりました。
でもまだみんな知らないよね。
なのでレビュー書きます。

絶賛なのでニコンからお金もらってるんじゃないかみたいな感じになってるけど、そんなことはないです。
お金貰っても褒めませんが、褒めなくてもいいならお金はもらいますので是非。
好きなメーカーはシグマです。DP2xは今でも最高のカメラだと思う。

 

 【総評】

とにかくEVFの見えとAFの合い方が素晴らしく、50mmのレンズはとてもよい出来。
一言で言うと撮っていてストレスのないカメラです。透明なカメラ(カメラを使っていることを感じさせないカメラ)に近づいている気がする。
今まで使ったことのあるレンズ交換式カメラ(Nikon D810,Canon Eos 5D mark IV,SONY α7RIII,Leica M10など)と比較して一番自分の理想に近いです。
ここまで不満の少ないカメラは恐らく初です。

【画質】

画質を語るには本体画質とレンズの画質に分ける必要があります。
本体画質はつまりセンサーのことなので(画像エンジンはどこも大して変わらないので)、まずセンサーについて。

 【センサー】

D850譲りのセンサーで、自分はD850を使ったことはないのですがとても良いセンサーだと思います。
ダイナミックレンジはキヤノンの5D mark IVとかと比較したら遥かに広く、これ以上要らないと感じるほど。
ただ中判感があるかと言われるとそこまでではありません。センサーサイズの違いって絶対なんだなあと感じます。
DxOのセンサースコアは恐らく101点くらいでしょう。
画質はセンサースコアだと分かりにくいので、載せてる写真くらいの画質で満足な方にはおすすめですとしか言いようがないかも。

必要十分な画質だと思います。

ダイナミックレンジも広く、焼きマシュマロを撮るのにも向いている。

 【全体的な画について】

どちらかというとアンダー目が合うカメラだと思います。
ハイライト側が若干弱いのかな。D810とかは結構ハイキーでも良いと思えたので、センサーの素性は同じな筈なんだけど不思議です。
とはいえどっちもいけるオールラウンダーだと思います。(ライカとかはアンダーでしか撮れないので。。)

アンダー目な描写がいいかんじ。

ダイナミックレンジ広いなほんと。

なんでも絵になる。

 【高感度】

高感度画質も素晴らしく、ISO6400くらいまでは十分実用ですが、それよりも手ブレ補正が凄すぎて静止してるものを撮る分には殆ど高感度を使う必要なしです。
三脚捨てよう。

 【手ブレ補正】

の話が出たので言及すると、サイレントシャッターと手振れ補正の組み合わせがすごい。
サイレントシャッターは電子シャッターで、物理的にシャッターを動かさないのでシャッターブレがありません。といいつつ微妙に動く気がする。なんだろ。でも全然ぶれない。(但しローリングシャッターはひどい)
Z 50mmとの組み合わせで1/3秒までは完全に実用出来ます(1ピクセルもぶれない)。
1secになるとぶれますが、拡大しなければ分からないレベルです。長辺2048px(Facebook)とかだったらいけるんじゃないかな。

この写真は驚異の5秒です。ブレ気になりますか?(星がブレてるように見えるのは地球の自転です)
いや正直ここが一番驚いた。夜景を手持ちでISO64で撮れる時代が来るとは。
もちろん被写体ブレはするので気をつけてください。

なんでも手持ちで撮れちゃう。

いやー夜景がいい描写だなあ。あとなんか水平が合いやすい。

手持ちで撮れるのが嬉しいので無駄に夜撮っちゃう。

 【AF】

Z 50mmとの組み合わせはAFも良い。D810と比べると動体に合わないけど、ミラーレスとしてはかなり頑張っていると思う。少なくともα7RIIIより数段良いです。
α7RIIIは合う直前にEVFが微妙に明るさが変わる(=画がいいか一瞬判断できなくなる)という致命的な欠陥があったけど、Z7はそれはない。
無音でスッと合う感じで、切りたいときにほぼ切れる。
例えば子供が急にこっちに向かって走り出してきたときとか、かなりシビアなタイミングで狙ったときにD810が9割切れるのに対して、Z7は7割くらいの感じ。α7RIIIは2割。
暗所で全然合わないみたいなレビューあるけど、そこまで合わなくない。というか一眼でもこのくらいじゃない?という感じ。そんなに気にしないで大丈夫です。
みんなAFの仕組みが分かっていないのでは?暗所だったらコントラスト高いとこを狙って合わせなきゃそりゃ合わないよというかんじ。逆にコントラスト高い部分を狙えれば合います。例えば目で合わないけど等距離の胸に微妙に光が入ってたらそっちで合わせる、などの判断が大事。
あと瞳AFがないとかみんな騒いでるけどそんなん無くても普通に合う。瞳AFがとか言ってるプロ見たことないのが全てを語っている。

そして動画のときのAF-Cが凄まじい。ずっとピン合うの初めて見た。
しかも追従の速度とか感度を調整できる。
動画機としても外部Rec10bitだし、画質含めα7SIIより優秀です。
ソニーがんばれ。
普段α7SIIメインで動画の仕事してるし、ソニーさんはお世話になってるので応援したいですが、ニコンに抜かれちゃいましたね。
でもα7SIIIでまた圧倒的に逆転するので大丈夫です。1年後の状況を考えたら、Z7はあくまでスチール機として思っておく方が良いでしょう。

こういうの撮りやすい。

 【レンズ】Nikkor Z 50mm F1.8 Sについて

Z 50mmは本当にすごいレンズ。
最初使ったときはなんか普通。。と思ったけど、しばらく使ったらこれはすごいかも。。に変わった。
味は全然ない。レンズを感じさせないレンズ。
良いとか悪いとかを感じさせずに写る。この感覚は初めて。
シグマのArtと比べる人が多いと思うので書いておくと、
・F1.8の解像感はほぼ同じだが、周辺はZのほうが上
・シグマの方が甘い部分がある分、より解像している部分が目立っている
・線はZの方が太い気がする。ここが唯一の欠点か(欠点といえるほどのレベルではないけど)
・ボケ味は両方とも良いと思う。Zは固いと言われているが、確かにとろけるようなボケではない。でも気になるかと言われたらそんなことはない。味がないので、なんとも思わせないのがこのレンズの凄さだと思う。
・F1.8というF値は、レンズを小さくするのに絶大な効果なので正解だと思う
・実際、F1.8の画像を見てもっとボカしたいと思うorシグマのF1.4ならもっとボケるのにな。。と気づく人っていない気がする。中一光学のF0.95とかになったらそりゃ違うけど。
・AFはいいけどMFは全然だめ。ヘリコイドが機械式じゃないし。
電子式はだめです。だって回転量とフォーカス移動量が一致しないので。早く回したら大きく動くとか、それって回す量と動く量の感覚を覚えられない=上達しないってことですよ。

F1.8で十分と思わせる。

絞ったらカリカリ

近接は少し柔らかい

ボケの質感はArt 50mmと同程度か。そんなに柔らかいわけではないが、自分は気にならない。

玉ボケもまあまあ。

破綻が無いので光の捉え方がクリアだ。

アンダー目の描写がやはりいい気がする。

大根を主に撮る人にもおすすめかも。

もぐらを撮る人にも。
前ボケちょっとぐるぐるするね。

こういうシチュエーションでも一瞬で撮りやすい。

肉はうまい

水の質感が良く写るカメラだなあ。

歩留まりがよく、今回後ピンになったのはこれだけ。一眼だともっと外す。

 【EVF】

EVFの見えはミラーレス界最高。長所多いな。
なんかα7RIIIと同じEVF液晶らしいけど信じられない。
接眼レンズの設計が素晴らしいらしい。ここまで変わるのか。
見やすさは光学ファインダーを100点とすると、α7RIIIが30点、Z7は70点。
光学ファインダー並みとは言わないけど、実用十分で不満のないEVFは世界初じゃないでしょうか。
みなさんまず量販店で覗いてみてください。

 【まとめ】

と、ここまで長所が多いのに叩いてる人は恐らく実際に触ってないか、スペックオタクだと思う。
自分も触る前は大したカメラじゃないなと思ってましたが、それはニコンのプレゼンの下手さに騙された結果です。みんな騙されてます。
冷静に見て、α7RIIIよりいいカメラです。ここと比べるカメラじゃない。α9と比べたらAF性能が全然違うので一長一短になると思う。
レンズ含めるとたくさん出てるソニーに軍配、と考えるのは理解出来る。
自分はほぼ50mmしか使わないので満足だけど、85mmとか広角とか使う方はZ7は買わない方がいいです。レンズのロードマップは残念ですね。

総合的に見て、自分には現時点で最高のカメラです。

 最後に。

同梱のストラップは死ぬほどダサいのですぐ変えましょう。(スペシャルエディションみたいなのも付いてきたけど完全にいいカメラ持ってるアピールしたいおじさん用です)
弊社bird and insectの革小物部門、ke shi kiのストラップがシンプルで美しく、おすすめです。
ご購入はこちら

写真はたのしい。たくさん撮ろう。

追記
twitterはじめました。
フォローいただけたらとっても嬉しいです!