bird and insect

BLOG

私の好きな写真家 第一回 奥山由之さん

Daisuke Abe

私の好きな写真家

と題しまして、連載形式で、あべの好きな写真家を紹介させて頂きます。
好きな理由
そして、なぜその写真家が評価されているのか といったことを一個人の意見として書いていこうと思います!

私自身、とっても写真に詳しいわけではなく、でも大好きなわけで、
そして、写真家になるという目標があるので、それではこれを機に自分にとっての勉強の意味も込めて、研究、連載していこうと思っております。

そのため、
「いやいや、それは違うよ」  「考えが甘いね」 などご意見ございましたら、教えてください。
私は、知りたいのです!

まず、記念すべき第一回目の写真家は、

悩みましたが、、、

奥山由之さんです。

説明不要かと思いますが、

くるりやサカナクションなどのCDジャケットやMVを撮影。

ファッションブランドのANREALAGE、最近ではHermesとも仕事をしていました。

私が彼を知ったきっかけは、写真新世紀でした。

今でも忘れません。

会社員時代、お昼休みに、写真新世紀のサイトで受賞者の作品などを見ていた時、

彼の作品が突如として目の前に現れました。

Girl

https://global.canon/ja/newcosmos/gallery/selected-artists/yoshiyuki-okuyama/index.html

本当に衝撃でした。

こんな写真を撮れる人がいるんだ。

こんな写真が存在するんだと。

しかも、それを撮ったのが20歳の学生なのかと。

光、色、淡い空気感。

すべてが、ノスタルジックで新しかった。

見えないこと、不完全であることの美しさが私にはとても魅力的でした。

その魅力にみせられたのは、私だけではありません。

フィルムやフィルムライクといったトレンドは奥山さんの写真から来ているとも言えます。

写ルンですを持ち歩く女子高生とかも増えましたよね。

直営店での売り上げも低迷期から5倍以上の推移を見せているようです。

インターネットやSNSの普及は、世の中の情報を全て可視化しています。

見えすぎることに慣れてしまった現代人にとって、見えないことの美しさは心に残るものがあったのかもしれません。

また、近年のデジカメやスマホの画素数や解像度の高さは、見せたくないものも写し出してしまいます。

自分を発信する場所が増えた昨今、見せたくない「モノ」も増えました。

それをライトリークやノイズなどの粗さが、雰囲気というフィルターを以って隠してくれる。

この辺りが フィルムライク が世の中に浸透していった理由の一つかもしれませんね。

そんな流れの極めて上流で、必然として現れたのが奥山さんのような気もします。

トレンドは移り変わります。本人も言っていましたが、その時に彼はどんな写真を撮っているのか見ている僕らにとっては楽しみでもあります。

似たような写真家は消えていってしまったとしても、

奥山さんは奥山さんとしての確固たる地位をもって残っていくように思えます。

(偉そうにすみません!)

いつかお会いしたいですね!

私の好きな写真家、第一弾は 奥山由之さんでした。

普通のことを普通に書いてしまいましたが、

ここまで読んでいただき、ありがとうございましました!

次回もきっと普通のことを普通に普通に書いてしまことでしょうか、

楽しんでいただければと思いますー!

因みに、トップ写真は私が奥山さんの影響を受け(というかテイストをモロパクリし)めちゃ前に撮影した写真です笑

奥山さんのこと知らないよー という方は是非、下記より!

リンク

奥山由之さんのHP

http://y-okuyama.com

特集など

https://store.cinra.net/feature/detail.php?postid=4075

https://forbesjapan.com/articles/detail/22853