bird and insect

BLOG

ショートフィルム撮りました!

Shuma

ショートフィルム【Indifference】への思いや制作の裏側
作品を作ることの大事さについて書きます

どうもbird and insectディレクター/エディターの主馬です

帰り道に肌寒く感じ始めるようになると考えます

「愛ってなんだろう…」

…そういえばこの夏は「愛情」をテーマにショートフィルムを撮りました!

「少年はひとり溺れた。とめどなく流れ続ける鼓動のない人波の中で。」

 

タイトルは【Indifference】とちょっと重くて、ダークな感じの内容なんですが
ぜひ見てほしいなと思い、制作の裏側なども交えて紹介させてもらおうと思います!
令和最初で最後の真面目なブログの始まりです、、

なぜ作品を作るのか

小さい頃はよく独り言を言っていた
正確には周りに話しかけていたけど誰も聞いてくれなかったという、、
人と話していてもその目まぐるしいスピードについていけないし、、

そんな時に映像という手段に出会った
たくさん考えてカタチにしたものをみんなが集中して見てくれる
これはすごいぞと思った

今この瞬間感じていることを伝えたい
っていう当たり前のようにしていることができない

だから僕は映像作品を作らなければいけないんだ
そして見てもらわなければ意味がないんだ…

夜通し撮影からの朝4時ごろの海での一コマ

【Indifference】で言いたかったこと

気づいている ただ見て見ぬ振りをしているだけ

 

映像作品をつくることは自分の中の課題を解決するということ
だからそのテーマで映像をつくろうと思っても答えも見えないし
どうしたらいいか分からない 作っていく中で模索していく感じ
普通の仕事と大きく違うのはこのプロセスかもしれません

今回の作品は「愛情」という大きなテーマを考えていくための第1弾として制作しました

1番身近にあって1番分からない感情
生まれてきたなら誰しもが知っているはず、いや、知っているべき感情
いろんな考えが頭を巡っているときにこの言葉に出会った

愛情の反対は憎しみではなく、無関心である

うん まずは愛への導入である「関心」をテーマに撮ろうと思いました

 

「世界中の困っている人を救いたい」

僕が言いたいことはそういうことじゃない
たった一人目の前の困った人に手を差し伸べてあげることだ
優先席を必要としていたら譲るとか、人混みでは歩きスマホをしないとか
そんな小さな気遣い
当たり前のことなんだけどなかなかできないもの

暗い海の底のような状況で 光を目指して

それを僕の好きなダンスという身体表現を取り入れて表現しようと思いました
そして「水」…そうそれこそが今回の作品の核になります…

大変だった水中撮影

全ての人は母親のおなかの生まれるまでの時間を育つ
水というものは本来心地よいものだった
成長し人の関心が薄れるにつれ、それは苦しくて恐ろしいものに変わっていく

 

今回の肝でもあった水中での撮影はとても大変 正直なめてました
撮影はダイバーの練習をするような水深5メートルほどのプールで行なったんですが
背景を暗く落とさなければいけなかったためまずプールの壁3面を黒い布をかぶせる準備から始め
地上班と水中班に分かれプールに傷をつけないようせっせと単管パイプを組み立てること3時間、、

そしてようやく撮影開始
機材が水で濡れないよう細心の注意を払い…

こんな水しぶきが電気系統にかかったら大変なので
全部しっかりと覆う!

 

カメラはハウジングに入れてしっかり防水
思ったよりもごつくてかっこいい
そしてまた片付けに3時間ほど、、
またやりたいとは簡単には言えないけれど貴重な経験でした

 

海でのシーンで得た自分なりの答え

必死にもがいている、ただただもがいている

真っ暗な中 波の音がする
一度触れたら引き摺り込まれそうな高い高い波
僕が街の中で感じる恐怖はまさにこんな感じだなと思った

女性が海へと向かい男性を浜辺まで連れてくるラストシーンを撮っていて
なんか自分の中で答えが出た気がしました
それをうまく表現できて 見ている方にも何かを感じてもらえたら嬉しい

理解してあげることなんて一生できない
ただ同じ方向を向いて考えることはできる

 

ポスプロで表現を加速させる

僕はエディットに重きをおくディレクターです
撮った素材をより美しく より魅力的にすることに命…はかけてませんが、大事にしています
最近はデジタルではなくアナログの表現をいろいろ試していて
街のシーンなどでは水の中にいるようなエフェクトを足していきました
これは写真でいう複写みたいな工程を経ていて
完成した映像を再度撮影しその時にいろいろな効果を足していきます
そうすることで2度と同じ動きにはならないユニークなルックになる..と信じています

また今回はサウンドデザインにもこだわっていて
イヤホンなどでよく聞くと遠くで何かなっていたり
水の中にいるようなこもった音になっていたり
より世界観に入り込める工夫を施してみたのでぜひ体感してほしい

まーそんな感じで
迷いながら作品を作っていました
作品作りを通してキャストの人と話したり、スタッフと試行錯誤しながら挑戦したり
自分の課題と向き合うことでその時の答えに出会える大事な時間だと思っています
映像だけじゃなくて写真でも音楽でもイラストでもなんでも作り続けるしかない

そうすることで得られる経験はきっとあります
ぜひ自分の声をカタチにしてみてください!

で見た人はこの話をふまえてもう一度!
見てない人はぜひ見てみてください!

【Indifference】

Cast _ Go Okamoto / Sawako Hayashi

Image Director _ shuntaro
Director/Editor _ Shuma
Cinematographer _ Daisuke Abe
Sound Mixer/Designer _ Takahiro Nomiya
Hair & Make-up _ Yuma Sagisaka
Title Design _  Ruri Hosokawa

[Underwater Unit]
Camera Operator _ Kousaku Hoshino
Diver _ Yoichi Sugiyama/Kohei Kuwamori
Supervisor _ Tomohide Ikeya

Special Thanks _ Nami Matsumoto / Taichi Nagaoka / Ryusuke Honda / Tomonao Sakurayashiki / Mao Yashiro

 

近々また作品を公開予定なので こちらも乞うご期待!